アメリカホームステイ

に行こう海外留学 は、やっぱりアメリカホームステイが定番。一般家庭で文化交流しよう。

ホーム > アメリカ留学:アメリアホームステイなんじゃらほい

アメリカ留学:アメリアホームステイなんじゃらほい

アメリカ留学の疑問、難問、奇問、珍問集です。
アメリカ留学で、あなたのであった不思議も是非およせください。

★アメリカ留学なら【留学見積.com】が便利。最大6へ一括見積請求。留学会社費用比較★

Q:アメリカ留学 の滞在方法はホームステイが良いの?

一般的に、短期の語学留学などでは、密度を濃くしてアメリカ文化に触れた方が好ましいので、ームステイが良いと思います。長期の場合でも、最初の段階ではホームステイをし、現地に慣れてからアパートなりを探すというのも手です。

Q:留学 初心者は、アメリカが良いって本当?

少なくとも、留学初心者に限らず、アメリカは世界中から留学生を受け入れており、国として受け入れ体制が整っているといえます。いろいろな留学生のニーズに応えるために、実に多様な幅広いプログラムが用意されています。

Q:アメリカホームステイ は、ホストファミリーの家庭環境も色々と聞きますが、大丈夫でしょうか?

同じ英語圏のイギリスなどと比べるとアメリカの場合、家庭環境もバラエティに富んでいるようです。人種、家族構成、宗教など色々なパターンがありえます。ホームステイに行く上で、どうしても譲れない条件がある場合は、留学カウンセラーにその条件を前もってきちんとつたえましょう。また、アメリカに渡航後、どうしてもそのホームステイ先では問題がある場合は、留学会社の現地カウンセラーや、留学している学校のカウンセラーに相談しましょう。黙っていても解決はしません。勿論、わがままで変更したいというのは、通りません。

Q:アメリカホームステイ は、ガッカリするという意見をきいたけど?

ホストファミリーも色々です。子育てを終えリタイヤし、純粋に海外からの留学生との交流を楽しんでいる老夫婦や、余っている部屋を有効利用し収入を得ることに重点を置いている場合など、ホストファミリーの事情は色々です。いたれる尽くせりで、留学生を満足させてくれるということはまずありえません。ホテルのようにサービスのプロとして接してくれるわけではないからこそ、アメリカのライブ感が味わえるというものです。主張すべきところは主張し、控えるところは控え、お互いに協力しあうことで、充実した異文化体験ができることでしょう。思い通りにいかない経験を通じて、ホストファミリーの家庭事情を通じて、アメリカという大国の一旦を垣間見ることができると思います。
勿論、なんらかの理由で、限度を超えて問題がある場合は、留学会社の現地カウンセラーや学校のカウンセラーに相談し、ホームステイ先を変更することを含めて相談しましょう。

Q:親子で アメリカホームステイ をしたいのですが?

最近、親子留学は増えています。親子留学を受け入れる体制も整備されています。キッズの留学生を受け入れた経験のあるホストファミリーや、子育て経験の豊富なホストファミリーを希望すると良いでしょう。同年代の子供がいるホストファミリーでのホームステイも、楽しいかもしれません。短期間の滞在で、不安がある場合は、滞在はホテルという選択肢もありだと思います。

Q:英語がぜんぜんダメなんですけど、ホームステイ先で困らないでしょうか?

当然、英語が喋れたほうが良いのは言うまでもありません。でも、留学生を受け入れようというホストファミリーは、英語があまりできない留学生が多いのは良くわかっています。何事も経験です。身振り手振りでチャレンジしましょう。

Q:アメリカホームステイ の食事が心配なんですけど?

ホームステイの場合、一般的には朝晩の2食は、ホームステイ先でホストファミリーと一緒にとります。アメリカホームステイの場合、定番メニューは、朝はシリアルかトースト、晩は肉料理です。シリアルといっても日本よりも種類が多く、種類を楽しむくらいの気持ちが良いと思います。どんな食事でも、経験です。その経験を楽しみましょう。日本食が恋しくなったら、たまには日本食レストランに出かけれるのも良いかもしれません。アメリカの都市部では、日本食レストランはたいていあります。

Q:アメリカ留学 行きたいけど、治安はどうなの?

大都市が危険というわけではありません。同じ街の中でも、地区によっては危ないところもあるということです。夜に独りで出歩かない、現金や高価なものを持ち歩かないという、アメリカ留学に限らず海外では何処でも当たり前のことを心がければ、不必要に怖がることはないでしょう。

Q:アメリカ留学 するならどの都市がよいの?

学生でとにかく安く留学したいのであれば、ロサンゼルスやサンフランシスコなどの西海岸の都市が良いですし、ダンスやアート系の留学であればニューヨークが本場、政治関係であればテキサスも面白いと、いろいろです。留学の目的や、予算などの条件をリストアップし、留学会社で相談すると良いでしょう。

Q:アメリカ留学 で、都市によって日本人の留学生が多い少ないはあるの?

アメリカ留学は、日本人に留学先として大人気です。したがって、どこの都市でも日本人留学生はいます。特に、短期の語学留学の場合、中レベルのクラスはどうしても日本人留学生が多くなります。日本人の少ない所という条件で、語学学校や街を探すのは、難しいかもしれません。もちろん、いわゆる不便なところや、田舎にいけばいくほど、比較的日本人留学生率は低い傾向にあります。しかし、日本人留学生が多い少ないというよりは、何を留学の目的とするかが重要だと思います。何を留学に求めるかを明確にし、アメリカのどこが良いのかを留学カウンセラーに相談してみましょう。

Q:あまりお金がないのですが、どのくらいの期間留学すれば、英語ができるようになりますか?

どれだけ真面目に取り組むかにかかってくると思います。せっかく留学しても、遊んでばかりいたり、日本人同士で屯していたのでは、もともこもありません。また、他の国の留学生と一緒にいるだけで英語ができるようになるというものでもありません。普通に生活している場合でも、耳が慣れるだけで数ヶ月はかかるものです。短期間の余裕しかない場合は、英語を学ぶ、異文化を学ぶ、良いキッカケになるように、なにごとにも積極的にぶつかっていくことが大切です。

Q:アメリカ留学 は、語学レッスン以外のアクティビティも盛んとききましたが?

アメリカは、世界中が数多くの留学生を受け入れており、その分、留学生を惹きつけるためのプログラム開発にはたけています。お稽古、スポーツ、アウトドア、各種体験的なプログラムが盛りだくさんで用意されています。語学学校のロケーションを活かしたアクティビティが目白押しです。アクティビティの豊富さは、アメリカ留学の醍醐味の一つと言って良いでしょう。

Q:アメリカ留学 では、私立の語学学校と、大学付属の語学コースとどちらが良いのですか?

私立の語学学校は、数も多く、色々な留学生のニーズに応えてくれます。留学生の受け入れも、柔軟に対応してくれる場合が多く、渡米できる時期も、滞在期間も自由に設計できます。一方、大学付属の語学教育機関は、基本的には大学への進学を前提としカリキュラムが組まれています。受け入れの時期も決まっており、コースが始まると途中での参加はできず、コースの期間も決まっています。その分、留学生の入れ替わりはなく、集中的に英語を勉強することができます。また、大学の私設を利用できるのも魅力の一つです。
ある程度長期間滞在する場合は、私立の語学学校に通いながら、夕方は地域のコミュニティカレッジにいったり、大学の講義を聴講したりするのも良いでしょう。
当サイト掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。
Copyright (C) 2008-2009 アメリカホームステイを楽しむ会. All Rights Reserved.